スポンサードリンク

2012年05月30日

旅費の日当は非課税

旅費について、実費精算をして日当を支給していない会社がありますが、この日当は源泉徴収をしなくてもよい非課税なので節税に利用することができます。まず、旅費規定を作ることが必要ですが、雛型等は書店、文房具店にありますから、これを自社に合うよう修正すれば良いでしょう。
注意すべき点は、@社長、役員、部課長、平社員等の役職によって、日当の金額に格差をつけること、A出張場所の遠近によって、日当の高低をつけること等です。

この旅費規定で、交通費、宿泊料、日当の金額を決めておけば、実費精算の必要がないので出張者に旅費を渡し切りで済み、領収証の保管も必要ありません。しかし、旅費の精算表として出張者の氏名、日付、行先及び交通費、宿泊料、日当の金額等を記載しておく必要があります。

問題となるのは日当の金額ですが、いくら自社の旅費規定といっても世間相場からかけ離れた高額とすると「ヤミ給与」と税務署から認定されてしまいます。では、日当はいくらぐらいなら認められるかは、通達にも具体的な金額は明記されていません。基準としては、会社の規模、出張する人の役職、出張先までの距離によって異なってきます。海外出張ともなると、もっと支給額も上がりますし、支度金も非課税で支給することができます。
posted by 中嶋 at 23:04 | 日記

スポンサードリンク

2011年01月07日

H4O水素水|クロワッサン-マガジンハウスにて掲載

クロワッサンH4O水素水が掲載されました!



読者から多くの反響をいただいた室井滋さんと野際洋子さんのクロワッサンの8月10日号での対談記事が、ムック誌に再掲載されました。

コンビニ・書店等で販売されています。




※クロワッサン(くろわっさん)は1977年に平凡出版(現在のマガジンハウス)が創刊した雑誌。当初の名前は「an・an famille クロワッサン」で月刊であった。その後1978年5月に隔週刊に移行した際に「クロワッサン」に改められた。「日常生活を通して考える・男の暮し方女の暮し方」をキャッチフレーズに、生活だけでなくファッション・文化などを掲載する雑誌である。毎月10日と25日の2回で発行するだけでなく別冊や実用書がある。 ウィキペディアより






クロワッサン特別編集

「こんな生活習慣で、病気にならない。」

マガジンハウス編 定価780円





健康は大きな関心のあるテーマであるクロワッサン読者(40代が多い)。

今までのクロワッサン本誌の「健康特集」を再編集して1冊にまとめたものがこの本書です。

食生活、運動、生活習慣からガン予防、脳や目の健康まで、たくさんのテーマの中から人気の高かった話題の健康法をピックアップしてありますので、長く手元に置いていただける保存版の一冊です。




おいしくて健康にいい食生活を基本に、病気に効くお料理レシピや、低塩料理、美肌を保つ飲み物など、家庭ですぐにでも参考になる記事がいっぱい。その他、インタビュー、映画、本、家庭雑貨など、ミスター、ミセスの生活を華やかに、ハツラツにする情報が満載のクロワッサンにH4O水素水が掲載され、多くの反響をいただきました。



[PR] グリー


posted by 中嶋 at 20:41 | 日記

スポンサードリンク

2010年12月25日

水素水の効果(ペット犬猫にも効果があるの?)

ペットの病気の予防に水素水はいかがでしょうか?

今巷で評判の水素水のペット用があるんです。

犬や猫の病気で悩んでいる方たくさんいらっしゃいます。

動物病院は高いし、できれば病気にさせたくない。



そんなあなたに人間に効果のある水素水で、ペットの体の機能を回復させてあげてください。









[PR]

有名人占い ダイエットサプリ グリーGREE HbG-エイチビージーショップ かたつむり石鹸 きせかえきゃらっぱ 無料きせかえツールランキング キティちゃんきせかえ モバゲー お笑い貯金ポイント ハローキティきせかえ



posted by 中嶋 at 20:31 | 日記

スポンサードリンク

2007年05月29日

どうなる 骨太の方針2007

 来年度の国の予算編成の土台になる「骨太の方針2007」。
安倍晋三政権では初となる6月の取りまとめに向け、議論が本格化しているようだ。しかし、今年は7月に参院選を控えているだけに、「永田町」や「霞が関」ではさまざまな思惑がからみ、大攻防が繰り広げられているが、その目玉のふるさと納税。
効果があるのでしょうか?


≪ふるさと納税≫
 「ぜひ実現してほしい」
 「いや、効果がどれほどあるか大変疑問だ」
 18日に都内で開かれた全国知事会総会。政府内で浮上している「ふるさと納税」をめぐり、知事会は“大都市VS地方”の構図に真っ二つにわかれた。

 ふるさと納税は、納税者が税金の一部を出身地の自治体に支払うことを選べる制度。菅義偉総務相が今月1日に、訪問先のパリで突如として記者団に表明した。

 知事会の対立の背景にあるのは、税収の偏りという構造的な問題だ。東京都と沖縄県では、人口1人当たりの個人住民税収に3・2倍の開きがある。

 「ふるさとで生まれ育っても若者はごっそりと都会に出て働き、税金はすべて持っていかれる」。ある知事がこう嘆くように、地方には不公平感が充満している。

 だが、税収減が予想される東京都の石原慎太郎知事は「東京に対する収奪としかとれない」と徹底抗戦の構えだ。

 ふるさと納税には課題が多いのは確か。居住地の自治体から行政サービスを受ける代わりに、住民税を支払う「受益者負担」という税の大原則を崩すためだ。転勤族などは、出身地の定義が難しく、自治体の税金争奪戦も助長しかねない。

 自民党内でも意見は真っ二つにわかれている。税制改正の“実権”を握る党税制調査会の津島雄二会長は「よほど慎重に検討しなければいけない」と慎重。「税の配分は国会の権限。納税者が決めるのは筋違い」というのが、反対論者の本音だ。

 一方、中川秀直幹事長は自治体に寄付した金額分だけ税額を軽減する私案を提唱するなど、何らかの形で実現を目指す積極派だ。

 口火を切った菅総務相の思惑をめぐっては、参院戦後の本格的な税制改正論議をにらみ、「国税を所管する財務省に対し、地方税を所管する総務省の存在感を高めておくのが狙い。財務省による地方交付税削減に対する意趣返しの側面もある」(自民党関係者)との声も聞かれる。

 参院選では、地方と都市の格差是正が大きな争点となることから、ふるさと納税も、骨太の方針に盛り込まれることが濃厚だ。ただ、来年度の税制改正でどう決着するかはまったくみえない。

 参院選後には、消費税引き上げ論議が浮上してくくるのは確実。ふるさと納税をめぐる攻防は、消費税引き上げは避けて通れないとする尾身幸次財務相や津島党税調会長らの「財政再建重視派」と、経済成長による税収増加を主調する菅総務相や中川幹事長らの「成長重視派」による主導権争いの側面もあるようだ。
―フジサンケイ ビジネス I ―
posted by 中嶋 at 11:56 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。